株式会社スポーティアについて
(会社案内)

1人1人の国民が"自己管理力"を高める努力をする。人や物に興味を持ち"人生を楽しむ"ことを追求する。
これこそが"国家の健康&幸福度を高める"ことにつながると考えます。
私共(スポーティア)は、プロスポーツトレーナー組織として何ができるのか!?
その答えが・・・
「運動」を通して「人生を楽しく・豊かにする、前向きなライフスタイルの提案&お手伝い」です。

       
パーソナル&グループトレーニング/教育&医療機関との提携/トレーナー出張/イベント/物販
Since2003
Activity
株式会社スポーティアの活動

基盤となるのは、心と体・生活習慣。広がる株式会社スポーティアのフィールド。

パーソナルトレーニングジム運営(2003年1月~)
1人1人の目的に応じたパーソナルトレーニングサービスを提供し、目的達成のお手伝いをする。
               
少人数制レッスンスタジオの運営(2020年7月~)
                   
少人数制(MAX4人)レッスン&パーソナルレッスンを提供し、自己管理力を高めるお手伝いをする。
トレーナー(インストラクター)登録
               
グループレッスンが出来るフリーランス・インストラクターを登録させて頂きます。
弊社の「SPORTIA HEART」及びフランチャイズ&外部サポート先に紹介。
                  グループレッスン(60分/回)サービスを中心に提供させて頂きます。
外部サポート事業
弊社トレーニング施設以外でのトレーニングサポートをさせて頂きます。
目的に応じたトレーニングサービス&トレーナー(インストラクター)を出張&サポートさせて頂きます。
(教育機関、医療機関、企業・団体、スポーツチーム)
トレーニング施設開設支援&フランチャイズ事業
SPORTIAが持っているノウハウをもとに、トレーニング施設開設をサポートさせて頂きます。
「スモールグループトレーニングジムSPORTIA HEART」としてフランチャイズサポートをさせて頂きます。
教育・イベント事業
セミナー&人材育成。
自社・他社にてイベントを企画・開催させて頂きます。
物販事業部
厳選したサプリメント、フィットネス器具、スキンケア商品、アパレル商品、オリジナル商品を販売させて頂きます。
(フィットネスマシンの選択・仕入れ・販売も可能です。何でもご相談ください。)
History
株式会社スポーティアのこれまでとこれから

SPORTIAの変わらぬ想い(情熱・愛・鼓動)H E A R T

株式会社SPORTIAが、パーソナルトレーニングに着目したのは、2000年1月。
「医療(治療)とフィットネスクラブの懸け橋になる仕事を創りたい!」
「国家資格のない、スポーツトレーナー(運動指導者)が社会に貢献するためには!?」
「職業として、社会に認知されるためには!?」

このような想いの中、「これだ!」と思った形態が米国で職業として認知されていた「パーソナルトレーナー」でした。(国家資格あり)
パーソナルトレーナーは、スポーツ選手のカラダづくりのみでなく、一般人の健康増進・機能改善を目的としたカラダづくりと幅広い知識を持ち活躍できる職業のようでした。
日本ではまだ認知されていない「パーソナルトレーナー」という職業に弊社代表は想いを込め、当時、日本・九州・福岡で数人しか取得していなかったNSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会公認パーソナルトレーナー)を2000年秋に受験。合格・取得できたことを最低限のプロ意識に変え本格的に活動を始めます。

同時に日本では上手く普及できていなかった「ウエイトトレーニング」という運動法・効果に着目。
間違った固定観念を払拭するため、弊社代表自ら真摯にウエイトトレーニングと向かい合い「予防医学=自己管理力」というコンセプトの中、筋力を中心に「週1フィットネス」を提唱します。
2003年1月、「パーソナルトレーニング専門ジム」という新しい形態を提案。
施設イメージは、「おしゃれ&スタイリッシュ」「治療院とフィットネスクラブの懸け橋」です。
多くの関節疾患(肩痛・ひざ痛・腰痛‥)の原因は、「筋力の低下&柔軟性の低下」だと当時から考えていましたので、悩まれている方をパーソナルトレーニングでサポート&改善させて頂き、フィットネスクラブに誘致する“懸け橋”的な施設でありたいという想いです。

その中で実際のニーズは、「1人でトレーニングを継続することが難しい⇒パーソナルトレーニング」ということに現場で気づかされます。

2005年2月、株式会社スポーティアを設立。社会に認知して頂くためには必須と考えます。

2010年4月、同じ時間に複数人パーソナルサポートができればという想いから“中規模型パーソナルトレーニング専門ジム”を開設します。(現施設)
施設イメージは、「本格的なウエイトトレーニングができるパーソナルトレーニングジムだけど、ジムGYMしていないスタイリッシュな施設」です。
現に、会員様平均年齢50歳オーバー、会員様平均継続年数7年オーバー、男女比率1:1、トレーニング頻度(週1)、アパレル事業というジムGYMしていない施設だと思います。

2012年5月から、メンタルクリニック(河野医院)様でマッスルトレーニング(グループレッスン:約70分)を弊社代表が担当させて頂きます。(毎週水曜日)
パーソナルトレーニングからグループレッスン、トレーニング器具ありの施設からなしの施設、整形外科&内科的疾患からメンタル疾患、この経験がスポーツトレーナーとしての可能性・必要性・あるべき姿をより明確にしてくれるキッカケとなります。

パーソナルトレーニングとフリートレーニング、グループレッスンと癒しの空間(カフェのような出会いの場)を融合した新施設を創りたい。また、地域密着型で医療施設様と共同で「予防医学=自己管理力」を提唱することが必要と強く感じるようになります。

2016年4月、桝谷トレーナーが加入。本格的に「外部サポート事業」を開始。同時に上記の想いが詰まった新施設設立に向けて動き出します。

2020年4月(新型コロナの影響で7月始動)、少人数制でのグループレッスン+地域密着型の施設「少人数制レッスンスタジオSPORTIA HEART」という新しい形態を提案。
施設イメージは、「運動法なんて何でも良い!」「大事なのは運動習慣!」「日本人らしい“和”と昔学んだ“学校”を融合した空間」「出会いの場」です。
医療施設様と共同で「医療を考える」「治療を考える」「生活習慣を考える」キッカケとなる“場”と”情報“を提供します。

株式会社スポーティアは、理想形の想いが詰まった「自社施設を創る」&「少人数制レッスンスタジオSPORTIA HEARTを展開する」ことで社会・地域・お客様に貢献できる組織でありたいと強く想います。

Periodic Counseling Program
定期的カウンセリングプログラム
独自の体力基準を設定

SPORTIAでは、20年以上の現場経験の下、独自の体力レベル基準(プラスマイナスゼロ値:±0値)をもとにお客様が目指すべき(維持するべき)体力レベルを設定しています。
定期的カウンセリングプログラム(Periodic Counseling Program/PCP)は、LevelⅠ~LevelⅢまであり、各レベルは5段階(Stage1~Stage5)に分かれています。
基礎体力要素(筋力・柔軟性・持久力・スピード・バランス)から種目と強度別に分け、お客様の体力レベルを確認しています。

  • テストとしては行わず、日頃のトレーニング内容から確認できるプログラムとなっています。
  • 男女別(年齢は関係ない)で確認できます。
  • SPORTIA会員様が目指す・維持すべき体力レベルは、LeveⅠのStage5(一生涯維持しておきたい基礎体力レベル)
  • スポーツ選手に求める体力レベルは、LeveⅢのStage5(スポーツ選手としてベースにしてほしい基礎体力レベル)
Gallery
フォトギャラリー