Personal Training Gym SPORTIA

Merit

パーソナルトレーニングのメリット

運動が苦手な方もプロアスリートも、ひとりでトレーニングを継続することは本当に大変なことです。
パーソナルトレーニングは、『継続・効率・効果が高い』というメリットがあります。
だからこそ、SPORTIAはパーソナルトレーニングスタイルにこだわってきました。
(機能改善/シェイプアップ/ボディメイク/健康増進/体力レベルの向上/精神安定/ホルモンバランス)

Training Method 1

SPORTIAトレーニングの特徴 1

「予防医学=トレーニングライフ」

具体的頻度を提唱

「週1回/月4回/年間48回」という具体的トレーニング頻度を提唱

SPORTIAでは、2000年1月より「週1回/月4回/年間48回」という最小トレーニング頻度にて「健康的なカラダづくり⇔体力レベルの維持・向上」は行えると提唱しパーソナルトレーニングに反映。その効果を実証し、確信しています。
その中で、「心身ともに健康的な生活を送るために必要な体力レベル±0(プラスマイナスゼロ)」という独自の体力基準を設け、週1回ペースのトレーニングライフを提唱しています。

Sportia’s Fields

独自の体力基準を設定

SPORTIAでは、20年以上の現場経験の下、独自の体力レベル基準(プラスマイナスゼロ値:±0値)をもとにお客様が目指すべき(維持するべき)体力レベルを設定しています。
定期的カウンセリングプログラム(Periodic Counseling Program/PCP)は、LevelⅠ~LevelⅢまであり、各レベルは5段階(Stage1~Stage5)に分かれています。
基礎体力要素(筋力・柔軟性・持久力・スピード・バランス)から種目と強度別に分け、お客様の体力レベルを確認しています。

  • テストとしては行わず、日頃のトレーニング内容から確認できるプログラムとなっています。
  • 男女別(年齢は関係ない)で確認できます。
  • SPORTIA会員様が目指す・維持すべき体力レベルは、LeveⅠのStage5(一生涯維持しておきたい基礎体力レベル)
  • スポーツ選手に求める体力レベルは、LeveⅢのStage5(スポーツ選手としてベースにしてほしい基礎体力レベル)
Training Method 2

SPORTIAトレーニングの特徴 2

「ウエイトトレーニング×ストレッチング」
スポーティアが提唱するトレーニングメソッド『腱トレ』

筋力トレーニングの推奨

「ウエイトトレーニング」&「静的ストレッチング」の推奨

「若々しく・美しく・力強く・病気知らずのカラダ」を実現するには、『筋力・柔軟性・全身持久力(心肺機能)』という3大基礎体力要素を維持・向上させることがポイントです。
SPORTIAでは、数多くある運動法の中から唯一3大基礎体力要素のすべてにアプローチでき、維持・向上させることが可能である『ウエイトトレーニング』という運動法に着目し、推奨しています。
また、自律神経(交感神経・副交感神経)やホルモンバランスへのアプローチとして「トレーニングにはONとOFFが必要」と考え、『静的ストレッチング』を重要視し、独自のボディケアを作り提供しています。

「重力」に対して、筋肉の‟筋収縮様式“を理解し、筋肉と腱に負荷をかけるトレーニング。
『SPORTIAの腱トレ』は、伸張性筋収縮と伸張がポイント。

教科書には載っていない新しい発想 ⇔ 『腱トレ』
力強く・動けるカラダ ⇔ さらなる高いパフォーマンスを求めるすべての方へ

本気なヒトの本気なトレーニング 健トレ

がむしゃらにこなすウエイトトレーニングから頭を使うトレーニングへ

我武者羅に行うウエイトトレーニングは、精神論的には正解ですが、「本当の意味でのウエイトトレーニングの効果」という面では間違っているように感じます。
ウエイトトレーニングは、筋肉を大きくする目的だけで行う運動法ではありません。また、筋力発揮を高めるには筋肉を大きくしなければいけないという考え方も間違っています。
正しくウエイトトレーニングを理解し継続することで、3大基礎体力要素(筋力・柔軟性・全身持久力)すべてを向上させることができる唯一の運動法だとSPORTIAは考えています。*もちろんこの延長線上には、筋肥大(筋肉を大きくさせる)目的のプログラムもあります。
ウエイト(自体重・バーベル・ダンベル・マシン‥の負荷)を使い、筋肉や腱・心臓にどのような刺激を入れトレーニングを行うのか!?どのようにウエイトをコントロールするのか!?頭を使うウエイトトレーニングこそが本物(正解)です。

筋力が高まる。このメカニズムから考える。

筋力(筋肉が発揮する力)は、①筋肉の長さ②筋肉の大きさ③神経-筋の支配率に比例します。

①筋肉の長さ

筋肉(骨格筋)は、骨(骨格)の長さに比例します。なので、身長が低い人より高い人の方が筋力は高いということです。

②筋肉の大きさ

筋力は、筋肉の大きさ(太さ)に比例します。筋肉に強い負荷をかけ続け、しっかりタンパク質を中心に栄養を摂取し続け、質の良い睡眠(休養)を取り続けることで筋肉を大きく成長させることができ、筋力を高めることができます。

③神経-筋の支配率

ここが最も重要であり、あまり情報として認知されていないところです。
筋肉は、筋繊維の集合体であり、この筋肉(筋繊維)は、神経で支配され脳がコントロールしています。
筋肉(筋繊維)は、刺激が少なくなると脳から「筋繊維くん!働かなくていいよぉ~」という指令が出され、神経-筋の支配率が低下し筋力は低下します。加齢と共に筋力が低下する原因はココにあるとSPORTIAは考えます。
言い換えると、常に何頭の刺激を入れることで筋力は維持・高めることができます。

「腱」を中心にウエイトトレーニングを考えるとパフォーマンスが変わる。

ウエイトトレーニングという運動法の目的は、『筋力の改善・維持・向上』が中心となります。
その中で、トレーニングプログラム(種目・回数・休息‥)を変えることで、他の基礎体力要素(柔軟性・全身持久力・スピード・バランス)はもちろん、専門体力要素(筋持久力・瞬発力)まで向上させることができる唯一のトレーニング法です。

従来のウエイトトレーニングは、「筋肉」を中心に考えられていますが、SPORTIAは、筋肉の先にある「腱」を中心にウエイトトレーニングを考えています。
日常生活においてのパフォーマンスで感じることは難しいですが、スポーツ選手のパフォーマンスで考えると「腱の力&長さ⇔腱の粘弾性」は、そのパフォーマンスレベルに大きく影響があるとSPORTIAは考えています。

「ウエイトトレーニングで筋力は高まったが、スポーツパフォーマンスが低下したように感じる・・・」

スポーツ現場でよく耳にする言葉です。
この原因は、ウエイトトレーニングが悪いのではなく、‟やり方“に問題があるかスポーツ競技自体のスキル練習に問題があります。

ウエイトトレーニングは、筋肉に負荷をかけながら「腱にかかる負荷」を考慮することが重要。
ポイントは、「トレーニング時の伸張性筋収縮(エキセントリック)」と「トレーニング後の伸張(ストレッチ)」
スポーツパフォーマンス時の筋収縮は、「等尺性筋収縮(アイソメトリック)」

SPORTIAの考え方が正しいと教科書が変わります。

Case

トレーニング事例

Price

料金表

単発サポート以外は会員になっていただく必要がございます。

One-time Support

単発サポート

90分単発サポート
32,400円/1回
90分体験トレーニング
3,240円
※お1人様1回限り
Monthly Support

月契約サポート

入会金
32,400円
施設使用料
10,800円/月
※専用サイトからの要予約となるが、1Fのカーディオ&フリートレーニングスペース利用可
30分パーソナルトレーニングコース
17,280円/月
内訳:1,620円×4回+施設使用料(10,800円)
30分ボディメンテナンスコース
20,520円/月
内訳:2,430円×4回+施設使用料(10,800円)
60分パーソナルトレーニングコース
23,760円/月
内訳:3,240円×4回+施設使用料(10,800円)
30分パーソナルトレーニング
+
30分ボディメンテナンスコース
27,000円/月
内訳:4,050円×4回+施設使用料(10,800円)
60分パーソナルトレーニング
+
30分ボディメンテナンスコース
33,480円/月
内訳:5,670円×4回+施設使用料(10,800円)
Option Support

追加パーソナルサポート料金表

30パーソナルトレーニング
1,620円/回
60分パーソナルトレーニング
3,240円/回
30分ボディケア
2,430円/回
30分パーソナルトレーニング
+30分ボディケア
4,050円/回
60分パーソナルトレーニング
+30分ボディケア
5,670円/回
Trial Lesson

体験レッスン

SPORTIAでは、体験レッスンを受け付けております。

90分体験トレーニング
3,240円
※お1人様1回限り
Q&A

よくあるご質問

SPORTIAでよくいただくご質問をまとめました。

トレーニング(60分)とボディケア(30分)をセット(90分)で組み合わせているのはなぜですか?
これは奥が深いです!
スポーティアの考え方としては、本来あるべき筋肉の長さからトレーニングによって収縮(短く)していると考えられる筋肉に対して、ストレッチングを中心としたオリジナルボディケアにて筋肉や腱に伸長という刺激を入れ、少しでも早く本来あるべき筋肉の長さに戻してあげることを目的にしています。
*本来あるべき筋肉の長さに戻らない状態では、疲労回復・脂肪燃焼・筋肉の成長は見込みにくいのです。
また、トレーニングによって交感神経を刺激し、ボディケアによって副交感神経を刺激することで、自律神経のバランス改善・向上をはかれるのではないかと考えセットで取り入れています。
最低頻度、週1回のトレーニングで効果はありますか?
あります。
スポーティアの考え方としては、日常生活をより快適に過ごすために週1回トレーニングをおこない、継続的におこなうことでトレーニング効果を発揮すると考えております。
週1回のトレーニング以外でも、日常生活で歩いたり・走ったり・物を取ったり身体を動かしていることをトレーニングと考えます。しかし、日常生活を過ごす上で、使わない筋肉、刺激が入らない筋肉があります。そのような筋肉に対して週1回、いつもと違う刺激を入れる目的でトレーニングをしたいのです。筋肉は、怠け者ですからすぐ重力に負けてしまいます・・・。週1ペースの筋トレ、おすすめです!!
肩こり・腰痛・膝痛はトレーニングで改善することができますか?
できます。
肩こり・腰痛・膝痛の原因として、筋力や柔軟性の低下が考えられます。低下した筋力や柔軟性を把握し、トレーニングを継続することでほぼ改善できると考えます。実際に最近では、動作(歩き方、体の使い方)を変えることで治療している先生方もいます。
SPORTIAとフィットネスクラブの違いは?
スポーティアは、治療院とフィットネスクラブの架け橋になりたいと考えています。 治療院でできないこと、フィットネスクラブでできなかったことがスポーティアではできます。 「筋力トレーニング」という共通言語をもとに、困っている方、満足できなかった方をスポーティアは、マンツーマン指導させて頂いております。
SPORTIAの会員様はどのような年齢層が多いですか?
会員様の50%が女性、50%が男性、年齢層は10代~80代です。
正式に入会する前に、仮入会やお試し期間などはおこなっていますか?
おこなっておりません。
一度、体験トレーニングをご利用いただいて考えていただければと思います。また弊社をご利用していただくにはスポーティア会員になっていただく必要があります。ご検討いただければ幸いです。
プロテインなどサプリメントは摂取したほうがいいのですか?
はい、摂取したほうがいいと思います。「トレーニング」というのは刺激でしかありません。この刺激を活かすためのポイントは「栄養補給」と考えます。スポーティアでは必須アミノ酸(EAA)を特に奨めております。
SPORTIAでおこなうトレーニング以外でも、トレーニングは必要ですか?
おこなうことに関しては問題ありません。
基本的に体の回復ができるのであれば、問題ないと思います。(運動量・強度によりますが…) スポーティアで推奨しているトレーニング頻度(週1回/月4回/年間48回)は、筋力の維持・向上を目的に見出した最低限の頻度であり、ライフスタイルの提案です。
PAGE UP