こんにちは! スポーティアの田中です!

 

 

昨日シャワーを浴びながらふとっ、「脂肪を燃焼させるために必要なことって何だろう?」と思い、その後寝るまで考えていました。

 

 

脂肪を燃焼させるためには、食事管理やウエイトトレーニング、場合によってはランニングなどを思い浮かべると思いますが、これらは脂肪を燃やすための解決策ですよね。脂肪を燃焼させる、すなわち減量を行うことをもっと深く考えた時に必要となる要素は『時間』・『重力』・『酸素』という3つの使い方がとても大切なのでは!?という考えにたどり着きました!

 

 

『時間』・『重力』・『酸素』は神様が私たちに均等に分け与えて下さった要素で、もしかすると効率よく減量したい場合はこれら3つの使い方が鍵を握ってくるのではないかな?と思います。

 

 

まず『時間』ですが、「スケジュールを無理やり調整して週に2,3回はジムに行ってください!」や「毎日60分必ずウォーキングして下さい!」ということではなく、基本的にはスポーティアが提唱している通りウエイトトレーニングは必要最低限度の週1回で大丈夫だと思います。

 

 

ただ、24時間のうち60分みっちりトレーニングを行ったとして、それ以外の23時間または残りの6日間の使い方を改めて見直すことが大事なのではないかと考えています(^^;)

 

 

ここでいう時間の使い方とは、スケジュールを調整することではなく”意識をしっかり持つ”ことであると考えられます。

 

 

私含め多くの方は睡眠時間を除くと、何らかの活動をしておりその大半は仕事だと思います。そのため痩せたいという知人に運動を勧めても返答として多いのが「仕事が忙しいから運動する時間がない。」という言葉です。

 

 

果たして本当にそうでしょうか?先ほども述べましたが、忙しければ無理にジムへ行く必要は正直ないと思います(^^;) ただ、何度も言いますが”時間に対する意識”はしっかり持つことが大切です。

 

 

例えば、デスクワークが主な人は座る時間が必然的に多くなるので、立位という時間を長めに取りながら仕事をしてみたり、最近では近所のコンビニに行くのにも車を使う人が増えてきていますので、そこを歩く時間に変えてみたり、徒歩の方は通勤や帰宅に関しても近道せずに少し遠回りをしてみる、職場などでエレベーターを使わず階段を使用する時間を作るなどの”意識を持つ”ことが大切で、これが本来時間を有効に使うということではないでしょうか!?

 

 

私自身、減量を始めてからは時間を有効活用しようと意識し、なるべくブログを書く際も立ったまま書いていますし、徒歩通勤なので少し遠回りしながら帰ったりもしています(^^;)

 

 

消費カロリーとしては本当に僅かだと思いますし、こんなことで脂肪が燃焼するはずがない!と思われる方もいると思います。

 

 

しかし、限られた時間の中で少しでも効率よく減量をしようと考えた場合、これらの地道な“時間の使い方”が長期的にみると良い結果を生むことに繋がる可能性もあります(^ ^)

 

 

意外と意識しにくい“時間の使い方”ですが、このような考え方も減量を始めるときには大切な要素だと思いますので、まずは私自身で実践していきたいと思います!

 

 

次回は残りの『重力』、『酸素』についてお伝えさせて頂ければと思います。

 

 

それでは最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

(プランクの姿勢からの膝あげが地味にキツイです。笑)