こんにちは! スポーティアの田中です!

 

 

本日から6月ですね! コロナの影響で色んな意味で”トレーニング”がfocusされることが多くなりましたね。

 

 

私は医療現場での経験の方が長いため、医療の観点からトレーニングの必要性?重要性?を少しお伝えしていければなと思います。

 

 

まず、何でトレーニングをするのかというと、極論を言えば『健康で生きたい』からだと思います。その過程で男性であれば女性にモテたい、女性であれば綺麗になりたいなどの枝があり、それに向けたダイエットやシェイプアップなどが今は人気です。

 

 

ただ、そのベースには”健康”があると思うんですよね!(お金があっても死んでは意味がないのと一緒で、痩せたけど病気をしたり体調を崩してしまっては元も子もありませんよね。)

 

 

これは、医療現場でも通ずる部分があり、リハビリが必要な場面ではすでに健康状態は何らかの病気や怪我で損なわれています。まず、このことが本当に重要なことです!

 

 

医療現場では医師を中心に様々なメディカルスタッフが一つとなり、患者さんを元の健康状態に戻してあげようと必死です。しかし、現実はどうでしょうか?

 

 

必ずしも全く同じ状態に戻るのは限りなく難しく、何かしらのハンディキャップを背負うことになります。その最たる例が脳卒中です。脳梗塞や脳出血後は程度の差こそあれ、麻痺が残存し、麻痺を完全に元通りに戻すことほど、難しいことはありません。(完全には戻らないですが。。)

 

 

私自身、働き盛りの男性が脳卒中を発症し仕事を変えざるを得なくなったケースや、仕事が出来なくなり奥さんの介助が必要になってしまったケースを多々見て、本来であればこうなる前に何か手を打つ必要があるのではないかと常々思っていました。

 

 

リハビリはとても大事ですが、リハビリを始める時にはすでに健康が損なわれている状態である。そして、それ以前の過ごし方がとても大事である。ということを本日皆さんに伝えられたらと思いました!

 

 

それでは最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

~昨日の出来事~

昨日はイヤホンの修理を依頼しに久しぶりに天神へ!修理のついでに、タワレコへ行きtwiceのライブDVDを即決で購入!実は自粛期間中にtwiceのファンになりまして、天神に行ったときは絶対買おうと決めていたので、購入出来て本当に良かったです(*^_^*)

 

家の電気を真っ暗にし、ライブ会場の雰囲気を作り出し観戦!3時間があっという間でした!(^^)!楽しみがあるのは本当に大切なことですね!改めて実感出来ました!