SPORTIAが推奨している「ウエイトトレーニング」という運動法にて「運動強度」を考えてみたいと思います。

 

 

ウエイトトレーニングにおいて、「運動の強さ」を調整するには以下を用います。

 

①重さ

②回数(レップ数)

③時間(レップ時間)

 

 

この3つの要素を正しく理解し、目的に応じて「運動強度」を設定することが重要となります。

 

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

 

①重さ」から考えてみたいと思います。

 

ココは、簡単にイメージがつきますよね^^

 

 

軽いウエイト ⇒ 運動強度は低い

重いウエイト ⇒ 運動強度は高い

 

*但し、「ウエイトの軽い&重い」というのは個人差があることを改めて理解しなければいけません。

 

 

 

次に・・・。

 

②回数(レップ数)」から考えてみたいと思います。

 

ココは、少しイメージしにくいかもしれませんが

同じ条件(同じ重さ)にて同じ動作を反復する回数 = レップ数」と理解して下さい。

 

 

レップ数が少ない ⇒ 運動強度は低い

レップ数が多い ⇒ 運動強度は高い

 

 

 

最後に・・・。

 

③時間(レップ時間)」から考えてみたいと思います。

 

ココは、さらにイメージしにくいかもしれませんが

同じ条件(同じ重さ)にて同じ動作を反復する時間 = レップ時間」と理解して下さい。

 

 

レップ時間が短い = 運動強度は低い

レップ時間が長い = 運動強度は高い

 

 

 

 

どうでしょうか??

 

 

 

 

次回は、より具体的に書いてみたいと思います。