SPORTIAは、「医療費削減に貢献!」という大きな志のもと「予防医学の普及」として、『週1回ペースの筋力トレーニング』を2000年から推奨&提唱しています。

 

 

 

その中で多くのお客様をサポートさせて頂きながら、お客様と共に成長させて頂いています。

 

 

 

約5年前から、メンタルクリニック様にてサポートさせて頂いていることで「心」の重要性を改めて感じ、「メンタルフィットネス」という考え方が強くなっています。

 

 

 

『心と体』を考えていますと最終的にはこれらをコントロールする『脳』に行きつき、加齢と共に増加傾向にある『認知症』について深く考えてしまいます。

 

 

 

いろんな方法で「脳に適度な刺激」を入れていくことがポイントになることは間違いないですよね。

 

 

 

このような思いがある中で、SPORTIA歴6年の男性会員様(60歳)と車の話をしていて「確かに!!」と思ったことがあるのでブログで紹介します^^

 

 

 

「先生!私ね、最近マニュアル車に乗っているのよ!」
*カングーというフランスの車

 

 

「これがねぇ~久しぶりにマニュアル車に乗ると運転に集中できるし、オートマ車より断然考えるので良いですね!」

 

 

 

「もしかすると、安全対策も必要だけどマニュアル車に変えるだけで高齢者の事故は減るかもね!?」

 

 

 

2人で、「その通りですよ!!」と言いながら盛り上がったのです^^

 

 

 

話をしていて、私も久しぶりにマニュアル車に乗りたくなりました^^

 

 

 

私が、車の免許を取得して最初に購入した車が「スカイライン(R32)タイプM」であり、GTRに憧れながらいじっていました(笑)もちろんマニュアル車。
*当時、電力業界でサラ―リーマン。給料のほとんどを車に捧げる^^

 

世の中、便利になりすぎるのも問題ですよね。
やはり、当たり前ではないという“感謝”の気持ちが大切ですね。
本当に考えさせられます。