昨夜は、23:00~24:00の1時間が「夜トレ」

 

 

 

基本種目である、“ベンチプレス”を中心に追い込みました。
(*桝谷トレーナーに補助してもらいながら)

 

 

 

またの機会で詳しく書きたいですが、私は独立当初から体力要素の中で『最大筋力』が最も重要!と考えているトレーニングコーチです。(*神経支配率を確認するのに最も適している。)

 

 

 

体重が同じ(例:70㎏)AさんとBさんがいます。
*その他の条件もすべて同じ(フォームなど)

 

AさんのベンチプレスMAX(最大筋力)110

BさんのベンチプレスMAX(最大筋力)70

 

通常、メニューを組む時は、MAXの70%や80%という具合で、トレーニング重量と回数を設定します。
(*セット数や回数は、目的・目標によって変わります。)

 

例えば・・・。

 

Aさんのベンチプレス80%強度は、110×0.8=88㎏(バーベル設定は、87.5㎏)

Bさんのベンチプレス80%強度は、70×0.8=56㎏(バーベル設定は、55.0㎏)

 

となり、ハードに追い込む方に私がサポートした場合、上記の重量で8~12レップを目標に行ってもらいます。

 

 

 

何が言いたいかと申しますと・・・。

 

 

 

MAX(最大筋力)が違うだけで、「当たり前に行うトレーニングレベルが変わる!」と言うことです。

 

 

 

体力要素の「全身持久力」「筋持久力」「最大スピード」「瞬発力(パワー)」などなど、『最大筋力』が変わるだけですべて高いレベルでのトレーニングが可能になると考えます。

 

 

 

だからこそ、私はこだわっていますし、私自身の『最大筋力』を高め続ける努力をしながら、すべての体力要素の向上を目標にしています。

 

 

 

また、私は7年間“陸上(長距離走)”に携わっていますが、長距離走(トップレベル)において最も重要な要素&能力は、『スピード』です。(*スピード持久力)

 

 

 

この『スピード』は、『最大筋力』同様、“神経支配率”(どれだけ多くの筋繊維を動員できるか?!)が大きく影響するため、年間を通して高いレベルでの刺激が求められるのです。(大変な作業です。コツコツしかありません。)言い換えると、低いレベルでのトレーニング(刺激)では、その能力は低下するということです!

 

 

 

上記のことは、あくまで“理想論”です。会員の皆様方に強制しませんのでご安心ください^^

 

 

 

10年越えのSPORTIA会員様から学ばせて頂いているのは『週1回ペースのトレーニング(刺激)』は、どんな刺激であれ、新鮮であり、いろんな体力要素を向上&維持させることができるということであり“証”です。感謝。

 

img_4403
(本日の昼食)