両親からの学び - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

未来への布石 スポーティア代表 野村幸紀 オフィシャルブログ

今日は、プライベートのことを書きます。

 

 

 

昨年の8月、母がペースメーカーを入れる手術の際、菌に感染し(詳しくは書かない)生死をさまよいました。

 

 

 

脳の炎症から「水頭症」になっており、手術。

 

 

 

母の体力が持つか心配の中、手術は無事成功。

IMG_3418

(2015年12月上旬の写真)

 

 

 

感染症も見られず、今年の1月頃から本格的にリハビリを開始。

 

 

 

意識(頭)は、以前と変わらないとこまで回復しているが、右手と下半身が全くダメ。

 

 

 

理学療法士&作業療法士の先生方のお蔭と母の頑張りで、半年ぶりに我が家に戻れた。(半日)

IMG_9897

(2016年2月頃の写真)

 

 

私が、8月末~11月末まで、ほぼ毎週帰省し、ベット上で母の脚を触っていたことなど、水頭症の影響からかまったく記憶にないらしい(笑)

 

 

 

4月9日、約3週間ぶりに母に会いに行ってきた。

 

 

 

嬉しそうな母の顔をみると・・・(涙)

 

 

 

成人してから、父と深い話をする機会なんてなかった(作らなかった)が、母が入院してからは、毎週のようにお酒を飲みながら、いろんな話をしている。

 

 

 

父のことは尊敬しているが、母に対する介護の姿勢は、胸が熱くなるほど感心する。

 

 

 

このような姿を見れたことは、間違いなく私の人生にとって忘れることのできない学びだと思う。

 

 

 

今、トレーニング指導者として『予防医学 ⇔ 病気知らず!介護知らず!』をコンセプトに提唱&サポートさせて頂いている。

 

 

 

母も、「幸紀くんが言ってた通り、筋力は大切ね。今になってよく理解ができるね。お母さん、トレーニング(リハビリ)頑張るね。」と言っています。

 

 

 

人生を前向きに!

 

 

 

是非、フィットネスライフを取り入れて下さい。

 

 

 

必ず、人生を豊かにしてくれると思います^^

IMG_7960

(3月末、新幹線内にて^^)


ページトップへ