会員K様のトレーニング変化のご報告! - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

会員K様のトレーニング変化のご報告!


 

SPORTIA会員であります、K様をご紹介致します。

 

福岡県福岡市在住  K様  40歳代  男性

専属トレーナー:湯浦 明宏

【ご入会前のトレーニング歴】 なし

【SPORTIAでのトレーニング歴】 6ヵ月

【トレーニングの目的・目標】 下腹部、大腿部を引き締めたい。体力をつけたい。

【トレーニングライフ】 週1回ペースの筋力トレーニング (パーソナルトレーニング30分)
※現在、パーソナルトレーニング40分に時間を延ばして励んでくださっております。

 

K様、筋力トレーニングを昨年の12月から始め、今月(5月)で6ヵ月が経ちました。

6ヵ月の変化、途中経過をご紹介致します!

写真などの掲載は難しいですが、「高精度体成分分析装置Inbody」を用いた測定の結果

を簡単にご報告させて頂きます。

 

測定数値の変化にご注目ください。

 

2014年11月15日(体験時)  ⇒    2015年5月16日                 変化

体重:51.6kg                    体重:49.6kg                  -2.0kg

筋肉量:32.9kg                  筋肉量:34.2kg                 +1.3kg

骨格筋量:18.5kg                 骨格筋量:19.4kg               +0.9kg

体脂肪量:16.5kg                 体脂肪量:13.1kg                -3.4kg

体脂肪率:32.0%                 体脂肪率:26.5%                 -5.5%

BMI:19.9                       BMI:19.1                     -0.8

腹囲:72.9cm                 腹囲:70.1cm               -2.8cm

内臓脂肪レベル:7                   内臓脂肪レベル:5                -2

 

 

K様は、ライフスタイルに筋力トレーニングを取り入れ、毎週曜日・時間を固定された中で、
決まった曜日・時間に週1回ペースで筋力トレーニングに30分~40分励んで下っております。

 

※週1回ペースを継続していくことで十分効果は得られますが、その中でも一番効果を得られ
ている方は週1回の間隔を中6日で行い、間隔がバラバラにならず同じ間隔でされている方が
最大の効果を得られているとサポートをさせて頂いていて感じます。

 

お仕事やご家庭のことなど…ご多忙の中、筋力トレーニングを取り入れてカラダ造りに励まれ
ているだけでも素晴らしいことです。

 

その効果を最大に得るためにも、週1回ペース(中6日)で行うことをお勧めいたします。
最低頻度週1回ペースですので頻度が多い分には問題ないですが、間隔が空きすぎるのが
効果を得にくい要因のひとつです。

 

1週間(168時間)1日(24時間)あるうちの1時間もしくは2時間を筋力トレーニングをする
時間に割いて確保して頂き、ライフスタイルに取り入れて習慣化して頂けたらと思います。

 

またK様の変化として、『大腿部』が以前と比べると4cmくらい細くなったとのことでした。

 

 

 

そして、『腹筋力』です。

SPORTIAでは、独自の体力レベル評価を取り入れお客様の体力レベルを評価させて頂いています。

その中の1つに、“シットアップ”という種目があり、腹背筋レベル評価の1つで使用しています。

 

 

image3image4

 

 

 

 

⇒ ⇒ ⇒ ⇒

 

 

 

 

 

年齢、性別に関係なく、「上体を丸めながら、重力に逆らいながら、床から起き上がることができる!」は、
体力レベル±0領域と評価しています。

腹筋力は、もちろんですが、拮抗筋である背筋の柔軟性、股関節周囲の筋力・筋連鎖も確認できるシンプル
な種目。

 

K様は、体験トレーニング時・・・

上記の動作ができませんでした。(最大筋力として1回のみ実施)

このような場合は、下記のように傾斜をつけ同じように行って頂きます。

傾斜角(1段~5段)にて評価。K様は3段で起き上がるのがやっとでした。

 

 

image1image2

 

 

 

⇒ ⇒ ⇒ ⇒

 

 

 

 

 

今では簡単にこなされており、シットアップよりも難易度の高いクランチを

支持ありですができるまでになりました。(下記の動作)

 

image5 image6

 

 

 

 

⇒ ⇒ ⇒ ⇒

 

 

 

 

 

継続は力です!

 

 

 


ページトップへ