柔軟性トレーニングの重要性№2(実技) - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

柔軟性トレーニングの重要性№2(実技)


2004年5月 宮崎県立 小林工業高等学校(野球部)の高校生を対象に『柔軟性トレーニングの重要性№2(実技)セミナー』を行いました。

前回のセミナーを評価いただき、再びセミナーを開催させていただく運びとなりました。

高校生が対象でしたので、実技に時間をとり120分で「疲労回復のポイント・練習後のケア」実技を行いました。
【講師/SPORTIA 代表 S&Cトレーナー 野村幸紀】

SPORTIAでは、対象者・目的に合わせたカリキュラムをご用意することができます。

セミナー内容

■柔軟性Conditioning Ⅰ(理論)
静的柔軟性と動的柔軟性についてお話します。

■柔軟性Conditioning Ⅱ(理論)
筋肉の内部・筋の機能を知り、柔軟性を高める方法についてお話します。

■柔軟性Conditioning Ⅲ(実技)
簡易全身筋バランスチェック(現状)、仙腸関節のチェック・調整を行います。

■柔軟性Conditioning Ⅳ(実技)
簡易全身ウォーミングアップ(動的)と簡易全身クールダウンを行います。
最後にもう一度、全身筋のバランスチェックをし、最初と見比べます。

■柔軟性Conditioning Ⅴ(まとめ)

■質疑応答

セミナー・講演のご依頼は気軽にお問い合わせください。


ページトップへ