こんにちは!

 

 

ボディメイク(特に減量)において大切なことは『何を制限するか?』ではなく『何を食べるか?』であるとここ最近強く感じています。

 

 

私自身、減量を行っている最中ですが特に制限している食べ物はありません。

 

 

とは言ったものの、何でもかんでも食べている訳ではなく、もちろん食べる物は選択しています。

 

 

一見すると、減量中だから当たり前だろ!と思われるかもしれませんが、意外とそこが盲点ではないだろうかと思っています。

 

 

ボディメイク(減量)において『食べる物を選択する事が出来る』というのは非常に大切で、これは真剣に意識しないと出来ないのではないかと思います。

 

 

例えば、いつも朝食でトーストを食べていたとします。しかし、ここで今減量中だからトーストを白米または玄米に変えよう!とする事が出来るかどうか。

 

 

また、間食では甘いチョコやスナック菓子をプロテインドリンクやバナナ、ヨーグルト、ゆで卵または低糖質のお菓子(チョコであればカカオ比率が高い物)などを選択する事が出来るかどうか。

 

 

もっと言えば、脂身の多い豚肉から鶏肉へ、魚のフライから焼き魚へ、コーヒーや紅茶を無糖に変えるなど他にもたくさんあります。

 

 

これらは、意外と出来そうで出来ていない事が多いと思います。

 

 

今挙げた食べ物を制限するわけではなく、他の食べ物を選択出来るようになる事がボディメイク(減量)が成功する一番の近道だと思います!

 

 

 

ここまで、読むと制限した方が良いんじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

 

 

私たちの三大欲求として、食欲・睡眠欲・性欲があり、この3つが満たされる事で初めて幸福感を得ます。

 

 

また、人類の進化過程においてヒトは食べ物から得たエネルギーをなるべく消費しないようにデザインされています。

 

 

これらを考慮すると、『私たちは食べ物を完全に制限する事は出来ない』と思います。また、減量ともなれば最短でも3ヶ月はかかるのでストレスも徐々に蓄積されていきます。

 

 

そのため、①食べ物は“制限”するのではなく“選択”すること。②それでも、どうしても食べたくなった場合はチートデー(好きな物を食べて良い日)をたまに入れ体をリフレッシュさせてみる。

 

 

この2つを頭の片隅に置いて頂けるだけでも、体は変化していくと思います!

 

 

このように考えると、糖質制限ダイエットを行っている方は凄いなと思いますよね。(私は完全に制限する事は体質的に難しいと思います。汗)

 

最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!