昨日、ベストボディジャパン福岡大会が開催されました。

 

 

 

私も、マスターズクラス(40歳~49歳)にエントリーさせて頂き、必死に準備してきました。

 

 

 

結果は、“3位”

(*日本大会の出場権を獲得できました!)

IMG_0566

 

 

約2年、コンテストから離れていましたので、自身のトレーニングモードをコンテストモードに切り替えることからはじめ、関節の負担を軽減する目的で「ダンベル」のみでプログラムを組み、カラダの張りを気持ちよく感じるトレーニングから始めました。

 

 

 

ダンベルで、高重量を扱えるようになってきて(私の場合でしたら、1種目目のダンベルベンチプレスで15レップ~10レップにて5~7セット終えた後に、インクラインダンベルベンチプレスで30㎏(片手)を扱えるようになってから)「バーベル」のトレーニングを入れていきました。

 

 

 

 

最終的には、バーベルにて高重量トレーニングが出来るように徐々に強度と量を上げていきました。

 

 

 

 

食事に関しては、炭水化物は「玄米orさつまいもorバナナ」、タンパク質は「鳥の胸肉・ささみorたまごor納豆」を中心にしっかり食べるように心がけました。

 

 

 

 

逆に、食べないように心がけたのは「パン・麺類」「アルコール」です。
*砂糖が入っている物は、特に気をつけます^^

 

 

 

 

私の場合、妻が食事を作ってくれるので非常に助かります。感謝ですね。

 

 

 

 

最近は、毎晩晩酌を楽しむことが習慣化されていたので、最初はこの禁酒が一番つらかったですね(笑)

 

 

 

 

GW明けから、本格的に減量をはじめました。

 

 

 

 

今回は、ここからが勉強になりました。(トレーニングコーチとして)

 

 

 

 

栄養学的に見ても、トレーニング内容から見ても、体脂肪が減るはずなのに・・・減らない!(汗)

 

 

 

 

食事の内容が悪い?まだカロリーが多い?トレーニング内容が悪い?追い込めていない?年齢が原因?など

 

 

 

 

いろいろ仮説を立てながら見直した結果・・・「最大酸素摂取量の低下(全身持久力の低下)」だと気が付きました(汗)

 

 

 

 

少し専門的ですが、「全身持久力」と「筋持久力」の違いをやっと自身で気が付きました(汗)

 

 

 

 

私自身の体力レベルを少し過信していたことが原因だと思います。

 

 

 

 

「ウエイトトレーニングのみで体脂肪は減る!」と断言してきた私・・・今回の反省から撤回させて頂きます。

 

 

 

 

やはり、何でもバランスが大切です^^

 

 

 

 

特に、コンテストレベルのカラダづくりをされる方(男性で体脂肪率5%前後を目指す方)は、ウエイトトレーニングでの筋持久力トレーニングとランニングトレーニングのような全身持久力トレーニングを上手く取り入れた方が良いと思います。
*強度と量などは、調整する必要があります。

 

 

 

 

私自身のカラダは、特に長所もないカラダです。だから、インパクトをあたえるとすれば、「絞り」と「バランス」しかないと思っています。だからこそ今回は、バキバキに絞ったカラダづくりを目指してきたわけですが・・・結果は達成できなくて中途半端・・・。大きな筋肉でもない筋肉は、萎みまくり・・・。良いとこなしです(汗)

 

 

 

 

だからこそ、ファイナルの下着審査では、「堂々と振る舞いながらウォーキングとポージングをする!」ことに集中しました。

 

IMG_3157

 

 

ファーストコールで呼ばれた時は、心が震えました!!

 

IMG_3730

(左から、原田さん、私、工藤さん、朝野さん)

 

 

日本大会の挑戦権を得れる「3位」という結果は、私にとって最高の結果でした!!

 

 

IMG_0434

(左から、私、工藤さん、朝野さん、城さん)
*優勝の原田さんは、表彰式・・・バリバリの仕上がりでした!

 

 

 

11月27日の日本大会まで、しっかりカラダづくりを継続していきたいと思います^^

 

IMG_3187

(マスターズクラスとウーマンズクラスが前列)

 

 

夜は、桝谷トレーナーの歓迎会を「かに本家」でやりました^^

 

IMG_1359

 

久しぶりのビール!!最高でした(笑)

 

 

 

みんなに感謝^^