今日は、特別な思い(心機一転)で会社に出社しました。

 

 

 

 

12月1日(午前0時05分)、私の父が他界しました。

 

連絡を頂き、私が病院に着いたのは午前2時30分ごろ・・・穏やかな顔で父は永眠していました。

 

 

そこからはバタバタでした。

すべてが初めての経験でした。

葬儀社に連絡し病院まで迎えに来て頂き、1度父を実家に連れて帰るところからスタート。

 

 

実家に戻ったのが、午前5時頃。

 

 

 

とても美しい空でした。

 

 

 

 

一睡もできないまま、午前10時ごろから葬儀社の方と打ち合わせ。

 

同時に、父から何となく聞いていたお寺さん(住職)に連絡、タイミングよく午前11時45分ごろ住職が来て下さり「枕経」をして下さいました。そのまま「お通夜」「お葬式」の打ち合わせ。

 

お世話になっていた近所の方にご連絡。

 

親戚の伯母さん達が父に会いに来て下さいました。

 

 

 

その夜も不思議と一睡もできませんでした。

 

 

 

2日の朝、妻と子供たちが合流。感謝。

 

母を実家に連れてきたタイミングで「湯灌(ゆかん)」が出来ました。

*湯灌⇒故人が無事に成仏し来世に導かれるよう、現世の汚れや悩みなどを洗い流す儀式。

 

「納棺」が終わった時、姉家族が合流。(奈良県からなので時間がかかった。)

 

19:00~「お通夜」

 

 

その夜は、姉家族と母・私の家族で過ごしました。

*少し眠ることが出来ました。

 

 

 

 

3日の12:00~「お葬式」

 

コロナ禍でしたが、予想より多くの方々に参列して頂きました。感謝。

 

 

 

 

4日、「お寺参り」をさせて頂きました。

 

想像していたよりやるべき仕事が多く、4日まで地元(実家)で過ごしました。

 

 

 

 

5日の夜、福岡に戻ってきました。

 

 

 

 

父の最後をしっかり務めさせて頂いたので、父も喜んでくれていると思っています。

 

横ですべてを見ていた息子(小2)が、この数日間でものすごく成長した感がありました。

 

私もきっと成長できたのだと思います。

 

 

 

より、「周囲の方々に感謝し大切にし日々過ごしていこう!」と学びました。

 

今後ともよろしくお願い致します。