こんにちは! スポーティアの田中です!

 

 

昨夜、先輩から「水を大量に飲むと代謝は上がるの?」と聞かれましたので、ブログの方で代謝についての考え方をお伝えさせて頂きたいと思います。

 

 

まず、先輩が言っている『代謝』とは“基礎代謝”なのか“新陳代謝”なのかで大きく内容が変わってきます。

 

 

「基礎代謝」⇒生きていくために必要最低限な一日のエネルギー量のことで、摂取カロリーがこれを下回り続けると最終的に餓死します。

 

 

「新陳代謝」⇒体の中の細胞や組織などが古いものから新しいものへ入れ替わることで、この代謝が活発になれば例えば肌でいうところの角質がとれ綺麗な肌になります。

 

 

では「水を大量に飲むと“新陳代謝”は上がるのか?」という風に置き換えて考えてみたいと思います。

 

 

水を大量に飲むことで、体の中には新しい水分が大量に流れ、体内の水分量が増えます。体内の水分量が増えるということは循環(血液の流れ)が良くなり、各細胞や組織へ栄養や酸素が十分に行き渡ることで内臓などの働きが活発になり”新陳代謝”が上がることが考えられます!

 

 

ただ、注意が必要な点として水を飲んだ分、しっかり排泄しないといけない!ということです。

 

 

水を飲んでも体から水分が排出されなかったら、体はむくんでしまい心臓に大きな負担をかけてしまいます。そのため、しっかり水分を出せているかどうかを確認しないといけません。

 

 

その確認方法として、尿はしっかり出ているか?汗はかいているか?などを把握する必要があり、もし少ないようであればタンパク質はしっかり摂取出来ているのか?塩分を摂り過ぎていないか?運動はちゃんと出来ているのか?などの食事や生活習慣を見直す必要があります(^^;)

 

 

次に、「水を大量に飲むと“基礎代謝”は上がるのか?」という風に置き換えて考えてみると、まず基礎代謝が高い低いかは主に全身の筋肉量が関係しています。単純に考えると、筋肉量が多い人ほど基礎代謝が高く、筋肉量を増やせば基礎代謝も上がるのでは!?と思われるかもしれません。

 

 

しかし、仮に自分と全く同じ筋肉量の人がいたとして、どちらの方が基礎代謝が高いか?となった時に、私はトレーニングの習慣があり、その人はトレーニングの習慣がないと仮定するならば“質の良い筋肉”を持っている方が基礎代謝は高くなると思います。

 

 

ここでいう、質の良い筋肉とは“使える筋肉”のことを指します。つまり、日頃から筋肉をよく使ってあげた方が基礎代謝は高くなるということです!

 

 

このように考えると、筋肉を使うにしても栄養や酸素がないと動かすことが出来ず、その栄養は血液により筋細胞へ届けられます。つまり、筋肉への血流分配を増やすためには十分な水分が必要になるということです!

 

 

そういった点では間接的にではありますが、水を飲むことでも基礎代謝は上がる可能性が考えられそうですね。

 

 

結論として、「水を大量に飲むと“代謝”は上がります!」と後で先輩に返答したいと思います(*^_^*)

 

 

それでは最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!

(3月下旬頃の背中ですが、まだまだ甘いですね(^^;) もう少し翼が欲しいです。涙)