こんにちは! スポーティアの田中です!

 

 

気付けば5月も残りわずかで、もうそろそろ6月に入りますね。

 

 

6月といえば”梅雨”ですよね。私の中では雨が多く降るイメージで湿度が高くジメジメとし、洗濯物が中々乾きにくいイメージです(^^;)

 

 

身体の変化でいうと私もよく相談された経験がありますが、節々(特に関節や頭)の痛みが出るまたは慢性痛が増強するなどといった訴えが非常に多いです(^^;)

 

 

そのため、なぜ天気が崩れると痛みが発生するのか?について調べてみました。

 

 

まず、一番大きい要因としては”気圧”が関係しています。気圧は高気圧と低気圧がありますが、今回に関していうと、低気圧が問題になります。雨の日や曇りの日、または台風なんかの時は低気圧の状態です。

 

 

低気圧になると身体の中では関節や血管が膨らみパンパンになります。これがむくみの正体であり、関節や血管が膨らむことで周囲の神経を圧迫し、痛みを引き起こす原因になります!

 

 

また、関節などの組織が膨らむことで『ヒスタミン』という痛みを引き起こす物質が放出され、痛みに対しいつもより過敏に反応してしまいます。

 

 

では、このような状態を改善または予防するためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

そのポイントして、気圧の変化に適応して生活することが大事なんですが、その鍵となるのが自律神経のバランスを整えてあげることになります。自律神経には交感神経と副交感神経があります。これらはシーソーのような関係ですが、どちらかの神経の働きが悪くなると、もう片方の神経の働きも悪くなるという特徴があります。

 

 

話を戻すと、気圧が低くなると副交感神経の活動が過剰になり先程説明した状態になります。そのため、副交感神経と交感神経の切り替えを上手く行えるようにしてあげることで、自律神経のバランスが整い気圧の変化に適応できる身体になっていきます。

 

 

自律神経バランスの切り替えを上手に行う方法として、運動やストレッチなどの体を動かすことや日光浴、入浴などの方法があります。

 

 

また、これからの時期はクーラーを使うことが多くなると思いますが、クーラーは自律神経の働きを鈍らせてしまうので、必要以上に使わない生活を送ることも考慮しないといけません。

 

 

それでは最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!