腱トレ - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

スポーティアが提唱する質の高い筋肉トレーニング「腱トレ」

福岡のスポーツジム「スポーティア」への体験入学随時受付中!

腱トレとは

ただこなす、ただがむしゃらにやる筋トレよ!さようなら

今までのただこなす、ただがむしゃらにやる筋力トレトレーニングは、もしかしたら間違いだったかもしれません。 一般的に、筋力を高めるためには、「筋肉を大きく(肥大)」させなければいけないと思われています。 しかし、実はそれだけではありません。 筋肉を鍛えれば当然肉体的なパフォーマンスは向上します。しかし、ただ単純に鍛えるだけでは筋肉の柔軟性が損なわれるなど、 技術とかけ合わさった時のトータルパフォーマンスは思うように向上しません。筋肉の鍛え方にも質があるのです。

筋肉がつく。そのメカニズムから考える。

筋肉の鍛え方の質をあげる。それは言い換えると“筋肉が発揮する力を高める”ということです。つまり、そのメカニズムが重要なのです。 より質の高い筋肉がつくメカニズムは、脳であったり、神経であったりといった、筋肉以外の部分が非常に重要な役割を担っています。 筋肉は、筋繊維の集合体であり、その1本1本が神経でコントロールされており、脳とつながっています。 例えば、脳がコントロールできる「神経の数(動員数)を増やす」ことでも筋力が高まります。 このように筋肉以外の部分が密接に関係しているにもかかわらず、今までの筋トレは、筋肉に負荷をかける事だけに注目したものが多かったように思います。

「腱」を中心にトレーニングを考えるとパフォーマンスが変わる。

SPORTIAでは、長年のトレーニングに対する研究の末、 筋トレにおいてよりパフォーマンスの高い筋肉をつけるためには、 筋肉だけではなく「腱」に注目すべきだという結論に至りました。 「腱」とは、筋肉の先にある軟部組織です。腱は、筋肉と最も密接な関係にある部分です。 SPORTIAでは、この「腱」を中心とした考え方のもとトレーニングを行っています。 これをSPORTIAでは「腱トレ」と呼んでいます。 がむしゃらに鍛えるのではなく、ロジカルに考えられた質の高いトレーニングです。

さらなるパフォーマンスを求める全ての方へ。SPORTIAの「腱トレ」。

プロアスリートとしてのパフォーマンスだけでなく、日常的な身体のパフォーマンスにも。 全ての方に当てはまる。それがSPORTIAの「腱トレ」です。


ページトップへ