気持ちの大切さを改めて学ぶ - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

未来への布石 スポーティア代表 野村幸紀 オフィシャルブログ

今年は、私がやりたいことを見つめ直しながら、いろいろ活動させて頂いている。

 

 

 

まだまだ、形になっていないことの方が断然多いが、非常に良い準備&経験ができていると思う。

 

 

 

やりたいことの1つに、「東京オリンピックに向けての学生アスリートサポート」がある。

 

 

 

主の業務には難しいが、トレーニングコーチとして経営者として、何らかの形で福岡&九州の学生アスリートに貢献したいと思い続けている。

 

 

 

現在トレーニングコーチとして、隙間の時間を使いながら数人の学生アスリートのパーソナルトレーニングと高校チーム(1チーム)のトレーニングサポートをさせて頂いている。

 

 

 

アスリートサポートにおいては、2009年12月からサポートさせて頂いている、九電工男子陸上部様(パーソナル&チーム)での経験が非常に大きく、「トップアスリートに対するトレーニングサポート」を日々模索できている。

 

 

 

実際、この5年間で「軸となる考え方は、大きく変わっていないが、枝となる考え方は180度変わっている!」

 

 

 

また、「結果がすべて!」ということを痛感させられる。

 

 

 

サポートにおいて、“トレーニング理論” “コンディショニング理論”は、もちろん大切だが、その中でも“メンタル(精神)”が大きく左右する。

(*“メンタル”と一言で書いたが、実際は奥深い。)

 

 

 

トレーニングコーチとして、選手・チームに「信頼」される関係づくりが基礎にあり、その中で選手自身の「向上心」がなければ、「良い結果を導き出す」ことはそもそも難しい。

 

 

 

このような中で、今年は私自身はじめての経験となる、高校チーム様(長距離:宮崎県立小林高等学校 男子駅伝部様)とご契約させて頂き、不定期ながらサポートさせて頂いている。内容としては、セミナー+トレーニングの90分/回。

 

 

 

ご存知の方は多いと思うが、小林高校駅伝部様は、名門であり、チームとしての成績も素晴らしい。(日本トップレベル)

 
だからこそ、補強トレーニングを導入するトレーニングコーチの責任は大きいと考えていた。また、不定期でのトレーニングサポートなのでどこまでチームに貢献できるか!?を常に考えていたが・・・不安を払拭でき、大変勉強になる経験を小林高校男子駅伝部様にさせて頂いた!

 

 

 

私の90分サポート後に、チーム内でイラストの上手い選手が、補強トレーニングをすべてわかりやすくイラスト化し、選手全員に配り、チーム&個人で高い意識の元導入された。

 

 

 

細かい質問は、私が訪問した時に、バンバン質問が来る!私自身もトップギアに入る!

 

 

 

まさしく、『気持ちの大切さ!!』を痛感する経験である。

 

 

 

この経験は、来年必ず「サポート化」し、微力ながら学生アスリートのサポートができれば幸いだ!!

IMG_0748


ページトップへ