『なぜ?3大体力要素(筋力柔軟性持久力)が重要なのでしょうか?』

 

 

 

 

疲労」から考えてみたいと思います。

 

 

 

 

「疲労」は、大きく分けて2つあります。

 

①肉体的疲労

②精神的疲労

 

 

 

 

なぜ?人は疲労するのか?疲労するとどうなるのか?
*疑問に感じたことはありませんか?!

 

 

 

 

「疲労」すると必ず筋肉は収縮した状態になります。
*いわゆる、柔軟性の低下ですね。
*医療現場では、拘縮・委縮と呼ばれる状態。

 

 

 

 

この”筋肉が収縮した状態(柔軟性が低下した状態)”が続くと身体に悪影響が出るのです!!
*言い換えると「疲労がたまると身体に悪影響が出る」ですよね。

 

 

 

 

なぜ?柔軟性は低下するのでしょうか?
*疑問に感じませんか?

 

 

 

 

柔軟性が低下する原因”を私なりにざっくり書くと下記の通りです。

 

「筋肉は、使わなくても・使い過ぎても収縮します。」

「筋肉は、交感神経が優位になると収縮します。」

「筋肉は、筋力が低下すると収縮します。」

「筋肉は、持久力(心肺機能)が低下すると収縮します。」

「筋肉は、栄養不足になると収縮します。」

「筋肉は、睡眠不足になると収縮します。」

 

 

 

上記のことから、SPORTIAは「3大体力要素の改善・維持・向上の運動」が重要と20年前から「予防医学」として提唱しています。

 

 

 

‟他力を使い、自身のライフスタイルに3大体力要素の改善・維持・向上目的でパーソナルトレーニングGYMを使うこともありですよね!”

 

【パーソナルトレーニングGYMの使い方④へ】