こんにちは! Sportiaの田中です!

 

 

ここ数日はサッカーの日本代表戦や、バスケやラグビーのW杯などが連日テレビで放送され、スポーツ観戦が好きな私にとっては嬉しい限りです!

 

 

特にバスケとラグビーは相手が世界トップレベルのチームであり、結果がどうこうよりもバスケのアメリカ代表に関しては、全員がNBAプレイヤーでそのほとんどがスターあるいはスター予備軍でそのプレーを観ているだけでも終始楽しく面白かったです!

(ラグビーに関しては全くの素人ですが、南アフリカの迫力が凄く力強さを感じました!)

 

 

観戦していて感じたのが、バスケにしろラグビーにしろフィジカルの差が顕著でしたね(^^;)

 

 

コンタクトスポーツである以上、この差を埋めない限りはアジアでは勝てても、世界では通用しないことを改めて痛感させられたように思います。

 

 

バスケで考えるとシュート精度やパススピードなどの技術面ももっと向上していかないといけないですが、それよりも『当たり負けない』ことが非常に大事なのかなと思いました。

 

 

フィジカルで勝とうとしても、正直難しいと思うので『当たり負けない』つまり『どんどん体を相手にぶつけに行く』という意識を常に持つことが今後は大切になってくるかなと思います。

 

 

現にアメリカ戦でも技術の差以上に、リバウンド争い時のスクリーンアウトやディフェンスの強度、オフェンスでドライブをして体を当てに行きファールをもらうなどのコンタクトプレー(体をぶつけるプレー)でアメリカに負けていました。

 

 

しかし、これは意識の問題ですぐに改善できる点でもあると考えられるので、来年の東京オリンピックまでにどうなっているか楽しみなところです!(^^)!

 

 

このように考えると、意識を持つというのは凄く大切なことなんだなと感じますね。

 

 

私自身、トレーニングをする時は何の目的で行うかを、意識しながらやっていかなければと思いました!

 

 

それでは、最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました!