シェイプアッププログラム ご契約者 第6号! - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

シェイプアッププログラム ご契約者 第6号!


シェイプアッププログラム第6号のお客様 池田 由美子様のトレーニングも開始からちょうど1ヵ月が経過しました!さぁ、毎年夏に向けての無理な食事制限によるダイエットと冬場のリバウンドを繰り返していた池田様、今年はもうその繰り返しにはサヨナラを告げる年です!
何故なら今年は意を決してこのスポーティアシェイプアッププログラムに参加して下さったのですから!

さて、1ヵ月が経過し、カラダはどのように変わったのでしょうか?
トレーニング前に撮影した体形変化の写真とInbodyの測定結果をご一緒に見ていきましょう。

【5月14日/正面】

                 ⇓
【6月11日/正面】

------------------------
【5月14日/側面】

                 ⇓
【6月11日/側面】

------------------------
【5月14日/後面】

                 ⇓
【6月11日/後面】

------------------------

Inbodyの測定結果:

【5月14日】

                                    ⇓

【6月11日】

体重:     50.3kg  →  47.6kg  -2.7kg
骨格筋量:   19.6kg  →  19.7kg  +0.1kg
体脂肪量:   13.8kg  →  10.9kg  -2.9kg
体脂肪率:   27.4%  →  22.9%  -4.5%
内臓脂肪レベル:レベル6   →  レベル5  -レベル1

測定値の変化としてまず注目すべきところは体重で2.7kgも減っており、その内訳として純粋に体脂肪量を2.9kgも減らすことが出来た事でしょう!更には数値として体重よりも体脂肪量のほうが減少しているという事は太りにくいカラダを作る上で最も重要な骨格筋量を維持、もしくは向上させながら進める事が出来ていると言えます。

この時点で既に、これまで池田様が繰り返していた無理な食事制限により骨格筋量を落とし、実際に減った純粋な体脂肪量はごくわずかというカラダを太りやすい体質にしてしまうダイエットとは全く別物と言えます。

何故なら私は最初に誓いました。「もうあなたをリバウンドさせませんよ!」と。

写真の変化としては正面から見た、お顔のラインや横から見た腕を中心とした全体のシルエットがスリムになった印象です。
後面からは今回撮影分の写真は少し緊張気味な姿勢になってしまったので変化が分かりにくいですね。
水着ならもっと分かりやすかったのでしょうけれど、この服装にこの写真上では実際に相当な変化が無いと改善が確認できませんので、そこを踏まえると開始から1ヵ月、池田様は本当に頑張って下さったと思います。素晴らしい!

現在の運動内容はスポーティアでの週に一度のトレーニング(60分)とクールダウンのボディケア(40分)のみで有酸素運動や自宅での宿題エクササイズ等は一切行っておりません。

適切なカラダ作りにおいてトレーニングは刺激の手段であり、実際にはトレーニングを行っていないジムの外での過ごし方、つまりは食事、睡眠等の重要性が半分以上を占めるのです。

栄養面のアドバイスとしては、毎回のカウンセリング時にカロリー、炭水化物、タンパク質、脂質と順に働きから必要摂取量まで説明させて頂き、完璧に細かくとまではいきませんが、日々の食生活で大まかに意識して食べるようにとお伝えし、実践して頂いております。

現在のところは細かな摂取量や食品を提案しなくても順調なペースで体脂肪は減ってくれているので、今月からも食事内容に関してはこのままの内容を続けて頂きたいと思います。

さあ、6月も中旬となり夏はもう直前!池田様のいつもと違う夏がやってくる!!

担当トレーナー

井上 桂将

シェイプアッププログラムの詳しい内容はコチラ⇓

短期集中型シェイプアッププログラム

---------------------------------------------

5月から『短期集中型シェイプアッププログラム』に挑戦して下さる会員様をご紹介致します!

福岡市在住  池田 由美子様  43歳  女性

 

【目標とする体型】

冬に5kg近く体重が増えてしまったので戻したい!

初回サポート時に写真撮影をしました。

 ※5月14日撮影

【正面】

【側面】

【後面】

【Inbodyの測定結果】

体重:50.3kg

骨格筋量:19.6kg

体脂肪量:13.8kg

体脂肪率:27.4kg

・カウンセリング時に

初回カウンセリング時に、まず池田様が目標としてお話して下さったのは冬に5kg近く増えてしまった体重をもとに戻したいとの事。更に詳しくお話を伺うと、どうやら冬に体重が増えてしまうことは今年に限らず例年の事で、「毎年夏に向けては体重を落とし、冬になれば体重が戻る」を繰り返しているようです。分かりやすく言えばリバウンドを繰り返しているという事ですね。では、なぜそのような事が繰り返されるのか?そこで高性能対成分分析装置Inbodyの結果を見てみましょう。

・リバウンドしないためには?

まず、着目すべき点は測定結果左側中央のグラフに表されている体重・骨格筋量・体脂肪量のバランスと体脂肪率。池田様の体重、体脂肪量は身長の割合から見ればさほど多くはありませんが骨格筋量の割合が他の二つに比べて少ないため、右側で表されている体脂肪率は27.4%とやや高い数値が出ています。骨格筋量が少ないのは恐らく、毎年冬場に増えた体重を夏へ向けて単純に食べる量を減らすのみなどの無理な食事制限で減らしていく過程で、体脂肪と一緒に少しずつ年々にわたり骨格筋量も減っていった為だと思われます。骨格筋量は成長過程において特別な運動をしなくても増加していき、おおよそ20歳を境に活動レベルや運動、栄養状態に応じて低下していきます。骨格筋量が低下すると、それに伴い基礎代謝量も低下し、分かりやすく言えば太りやすい体質になってしまいます。そう、多くの方がリバウンドしてしまう原因は減量過程で骨格筋量を減少してしまうことから基礎代謝量が下がってしまうことにあるのです。では骨格筋量を維持、もしくは向上させながら体脂肪を減らしていくにはどうすれば良いか?それはカロリーを制限しつつも筋肉の元になるタンパク質や身体の全般的な体調を整える働きのあるビタミン・ミネラルを十分に確保できるバランスのとれた食事と適切な筋力トレーニングです。

・筋力トレーニングを行う目的

筋力トレーニングを行うに当たって「ムキムキにはなりたくない」などと思われる方も多いかとは思いますが、現在特に激しい運動や肉体労働等をしていないとしたらあなたの身体の中で、骨格筋量は日を追うごとに少しずつ減少し、確実に退化していっている事を忘れないで頂きたい。よって筋力トレーニングを行う事により、始めて「筋肉をつける」ではなく「筋肉を維持する」という土俵にたどり着けるのです。「筋肉をつける」のはそれから先のまた先の事。筋力トレーニングと聞くと、どうしてもマッチョやムキムキな身体を目指すといったイメージが強く、なんだかとっつきにくい方も多くいらっしゃるかとは思いますが、まずは「筋肉を維持する」といった目的でとらえて頂くと比較的行いやすいのではないでしょうか。

・食事が9割

カラダ作りにおいて重要なのは実は運動もさることながら食事です。池田さんが目標の身体に近づくためにはスポーティアで太りにくいカラダ作りを継続しながら日々の食事をいかにコントロール出来るかにかかっています。ここでもInbodyの測定結果を活用させて頂きます。着目すべきは右側下の欄に表されている基礎代謝量の1159kcal。スポーティアでは日常において特に激しい運動や肉体労働をしていない方にはこの数字に1.5を掛けたものを一日の総消費カロリーと計算します。

池田様の場合ですと、

1159kcal(基礎代謝量)×1.5=1738. 5kcal(一日の総消費カロリー)

となるので減量していく場合はこのこの数字より下回る摂取カロリーで構成されつつ、骨格筋量を維持するためのたんぱく質やカラダの全般的な体調を整えるビタミン・ミネラル等が十分に確保できる食事メニューをアドバイスさせて頂きます。さあ、今年の夏をエンジョイ出来るかはあなたの今後の過ごし方にかかっています!そして、来年の冬は決してリバウンドさせません!

--------------------------------------------

先日、「体験トレーニング」を終えたお客様(40代:女性)

5月から「短期集中型シェイプアッププログラム」に挑戦されます!

弊社HPにご出演して頂けることになりました。

後日、ご紹介致します。

応援してください!

担当トレーナー

井上 桂将

シェイプアッププログラムの詳しい内容はコチラ⇓

短期集中型シェイプアッププログラム


ページトップへ