ストレッチの重要性と考え方① - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

未来への布石 スポーティア代表 野村幸紀 オフィシャルブログ

ストレッチングとストレッチは、表現が違うように“やり方”も違うという考え方があります。

 

 

 

考え方のポイントとしては、“時間”と“強度”

 

 

 

教科書的にも、あまり具体的に表記されていないところでもあります。
(*どちらも同じように使われることが多い)

 

 

 

「ストレッチング」or「ストレッチ」は、『筋肉に“伸張”という刺激を加える』際に使われますが、この“伸張”という刺激をどこが感じ??どのような結果を求めるのか??が重要です。

 

 

 

SPORTIAでは、「オリジナルボディケア」とトレーニングを絡ませたサービスを売りにしています。

 

 

 

正直、私(野村)が約17年パーソナルトレーナーとして活動させて頂き、生き残れている背景には、この「オリジナルボディケア」の存在が大きいのです。

 

 

 

言い換えると、トレーニングのみで結果を出し続けるのは非常に難しい!とも思っています。

 

 

 

筋肉に「伸縮」という両方の刺激を上手く入れながら、筋肉や腱、筋膜の柔軟性を改善・向上させながら「最大筋力」の改善・向上をはかることを目的に日々追求し続けています。

 

 

 

上記のことを具体的に弊社ブログ内で書いていければと思います。

 

 

 

私は幸せなことに、『㈱九電工 男子陸上部』様をサポートさせて頂いていることで陸上長距離選手の日本トップレベル~世界トップレベルの選手のカラダを触らせて頂きながら、上記の考え方を模索できています。

 

 

 

多くの皆様のヒントになれば幸いです。

 

img_4319
ポールタヌイ選手(九電工):リオデジャネイロオリンピック2016 男子10000m 銀メダル


ページトップへ