スポーティアについて - 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」

福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」の店内風景1
福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」の店内風景2 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」の店内風景3
Training ✕ Lifestyle 人生を楽しく、豊かにする。それが私共の仕事です。 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」ロゴ
福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」の店内風景2 福岡市南区大楠(高宮)のスポーツジム「SPORTIA(スポーティア)」の店内風景3

人生を楽しく、豊かにするために必要なものとは何でしょうか?それは“ライフスタイル”の一言に集約されると思うのです。私は、長年トレーナーという観点から人の幸せ、つまり人生を楽しく、豊かにするものは何かを模索し続けてきました。ただ単に体を鍛えるだけの既存のトレーニング理論に疑問を抱いたからです。トレーニングをして、ただ体を鍛えて、スタイルがよくなったから幸せになれのか?楽しく豊かな人生を送れるのか?私はそうは思いません。そういった一過性のものではなく、ライフスタイルが充実し、豊かな人生を送るからこそ、そこに美しいスタイルが生まれる。そこからまた、新たな人生の豊かさが生まれる。トレーニングというもの自体をライフスタイルのサイクルの中に取り入れていくことこそ重要であると考えております。スポーティアは、単なるスポーツジムではありません。私達は通常のジムとは全く異なる理論で皆様のより良いライフスタイルの提供をいたします。

スポーティアは、決して大きなパーソナルトレーニングジムではありませんが、その中に「細やかで豊富な付加価値のあるサービス」をぎゅっと凝縮し、より多くの方々に提供すべく、スタッフ一丸で精進しています。
単なるパーソナルを超えたよりパーソナルなジムへ。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

SPORTIAの活動

基盤となるのは、心とカラダ。広がるスポーティアのフィールド。

ライフスタイルの基盤となるのが、“心とカラダのメンテナンス”だと私共(SPORTIA)は考えています。
実現するための具体的な“ライフスタイル”を模索し続けています。
“健康 = 笑顔、若々しく、美しく、かっこよく、病気知らず、介護知らず”
“フィットネス ライフスタイル = 予防医学 = 医療費削減”

SPORTIA(スポーティア)の活動、運営事業、アパレル事業、施設開設・運営支援事業、健康食品・Training器具・販売事業
  • Personal Training Gym

    • “予防医学”をもとにトレーニングライフの提唱&サポート
    • ウエイトトレーニングに対する“こだわり”と“自信”
    • 幅広い方々に対するサポート経験と実績(2000年8月~)
    Personal Training Gym スポーティア店内風景
  • トレーナー派遣事業

    企業
    医療施設
    某メンタルクリニック様 非常勤スタッフ担当
    やよいがおか鹿毛(かげ)病院様(鳥栖市) アスレティックリハビリテーション担当
    某高齢者デイサービス トレーニングプログラム担当
    教育機関
    某体育系専門学校 非常勤講師担当
    スポーツチーム
    ㈱九電工 男子陸上競技部トレーニングコーチ担当
    トレーナー派遣事業イメージ
  • 健康商品・Training器具販売事業

    • サプリメント
    • トレーニング&フィットネス関連商品
    健康商品・Training器具イメージ
  • Training施設開設・運営支援事業

    • 個人
    • 企業
    Training施設イメージ
  • アパレル事業

    • オリジナルブランド(SPORTIA HEART)
    • セレクト商品
    アパレル事業 洋服イメージ

スポーティアのこれまでとこれから

変わらぬ想い(HEART)とSPORTIAのこれから

私が、パーソナルトレーニングに着目したのが、2000年1月。
「国家資格のない、我々運動指導者はどのようなサービスをすることで社会貢献できるのか」
「職業として、社会的認知度を高めたい」
このような想いの中、「これだ!」と思ったのが、フィットネス先進国では、すでに職業として認知されていた「パーソナルトレーナー」でした。
そのため、国際ライセンスとして業界で認知され始めていた、全米ストレングス&コンディショニング協会公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)の取得を目指し、2000年秋に受験。合格(取得)できたことを最低限のプロ意識に変え、「予防医学の観点から運動指導=医療費削減に貢献」というコンセプトのもと、本格的に活動を開始しました。
同時に、ウエイトトレーニングという運動に着目していたため、ウエイトトレーニングをダントツに指導できるトレーナーを目指し、私自身が一番苦手な「筋力」と向かいあいながら、自らのカラダづくりと自己研鑽に時間を費やしました。

個人事業から法人事業に切り替えたのが、2005年2月。
ここからが、私の未熟さ故、なかなかうまくいきませんでした。当時のスタッフには申し訳ない気持ちがありますが、そんな中、私の思いを受け育ってくれたのが湯浦トレーナー。湯浦トレーナーがいなければ間違いなく今のスポーティアはないと思います。さらに、この環境で、河野トレーナーが加わり、着実に力をつけてくれ、2016年4月、経験と実績を持つ桝谷トレーナーが加入。桝谷トレーナーは、スポーツ現場(高校~大学のスポーツチーム)を中心に活動。選手たちのストレングス~コンディショニング~リハビリを担当し、その中で、日本体育協会公認アスレティックトレーナーを取得しました。AT取得を自信に変え、医療施設内でのリハビリサポート、数多くのチームサポート、パーソナルトレーニング、加圧トレーニング、専門学校非常勤講師として結果を残してきました。「独立」傾向が強まる業界の中、経験と実績を持つトレーナー同士が「会社(組織)」として活動するのは、意外と新しい。

そして、2020年、東京オリンピックが開催予定。

私共(SPORTIA)も2020年を1つの目標に、私共(SPORTIA)にしかできないトレーニング施設設立を医療施設とタイアップしながら必ず実現したいと考えております。

体力レベル基準

SPORTIAでは、体力レベル基準「体力レベル±0」値を独自に設定しています。

定期的カウンセリングプログラム

SPORTIAでは、定期的カウンセリングプログラム(Periodic Counseling Program/PCP)というオリジナル・トレーニングプログラムにてお客様の体力レベルを確認・評価しています。 PCPは、LevelⅠ~ LevelⅢまであり各レベルは5段階(stage1~stage5)に分かれています。 SPORTIAの考える体力レベル±0とは、『自身のカラダ(体重)を重力の中でコントロールできる体力』を指し、その前後をLevelⅠ~ LevelⅢで確認・評価しています。 (10年以上の現場経験から導き出した男女別段階的トレーニングプログラムで構成) SPORTIA会員様に求める体力レベル(生涯維持して頂きたい体力レベル)は、LevelⅡのstage5であり、競技選手に求める体力レベルはLevelⅢのstage5と考えています。 (*LevelⅢのstage5以上の体力レベルがあればそれは素晴らしいことです)

フォトギャラリー


ページトップへ